交流武術研究会 周流

周流についての情報は、交流武術研究会 周流 サイト http://shuryu.info/の「周流とは」「教室案内」をご覧頂ければと思います。それでは。 管理人 おのえ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

頑張って

久々に書いてみました。

本当に本当にみなさんありがとうございました。

これからも頑張ろうと思います。

くも

身を守る | permalink | comments(0) | -

行をする

行をする

行という言葉があります。
周流でも冒頭に行について少し述べていますが、ここではそういうことに関係なく、行について思うところを書いてみようと思います。

行という言葉には様々な意味がありますが、その一つにサンスクリット語からくるサムスカーラというのがあります。
サムスカーラというのは潜在印象というふうに訳せばいいのでしょうか?

潜在印象と言ってもそれ自体がわかりにくいことですが、簡単に言えば意識化できないで自分の意識下に潜んでいる意識であり、自分そのものを自覚することなく動かしている自分の意識や行動の元になるものだと考えられます。

実は行をするという時の意味はその潜在意識下にあるそのものを意識の領域にまで持って行き、自分を無自覚に動かしているそのものを意識化させるということかもしれません。

なぜ無自覚に動くことはいけないのでしょうか?
それは、無自覚ゆえに変化しようがないからです。

ある人はことあるごとに悲観的なものの見方をしたりします。
またある人は批判や攻撃性を対象に向かわせます。
またある人は自分には関係ないと横を向いたり、などなど、同じ事柄でも人によってものの捉え方が違い、またその捉え方がベースになり、心身のあり方や物事の推移までが変わっていきます。

仏教ではそういう心の働きを死滅させるための行を重ねますが、それは大変理にかなった方法なのかもしれません。

ただ我々一般人でも誰でも出来る方法もあるようにも思います。
それは、日々の自分の心の働きを見つめることのようにも思います。

例えばある物事に対して自分はそれに対してどう感じているのか、どういう行動を取ってしまったのかということに集中し、自分の行動の癖やパターンを観て取るのです。

同じような行動パターンが読み取れたなら、それが自分の心の働きの元になっているものであることに気づくかもしれません。

そして、それがまたどこから来たのかとさらに深めて捉えることができるなら、その時自分を支配するサムスカーラは自分から少しずつ遠のくようにも思います。

くも


 
身を守る | permalink | comments(0) | -

私の本気

私の本気

私はまだ見ぬ自分自身を見たいという気を持っています。
最近までは違ったことを言っていたかもしれません。

それは人の中に自分を見てみたいと言っていたようにも思います。

ある意味、とても傲慢なことを言っていたようにも今感じています。

私にはきっと寂しい部分が残っていたのでしょう。
その部分が私に傲慢な言い回しをさせていたのかもしれません。
素直にこう言えばよかったのかもしれません。

「自分のことをわかって欲しい」と。

今はそんな自分のことをわかってもらいたいと思っていません。

私はまだ見ぬ私自身に出会いたいと思っているのです。

私は一体自分の何を知っているのでしょう。
私は今まで本当の私になれた時がいかほどにあったことでしょう。

時間は続いていきます。
瞬間瞬間に喜びを感じ満たされたその思いのそのまた瞬間に、止まれば、そこには自分はどこにもいなくなる。

まだ見ぬ自分にはドキドキするような未来への期待がある。
まだ見ないがゆえに立ち止まることなくそれに向けて進んでいけばそれでいい。

くも



身を守る | permalink | comments(0) | -

在り方

在り方

思いのままに書こうとすると、時により無責任なことを言ってしまいそうになります。
その辺のところは勘弁してもらいながらできるだけ素直に書いてみようと思います。

私はただひとつのことだけは真実があるように思うようになりました。
それは人に伝わるのは人でしかないと思うことです。

何を教えるのか、どのように教えるのかではなく、ただ人と人がそこに居て感応し合うだけのように感じます。
大人の中の子供も、子供そのものも、大人も結局はただ繋がっていくだけのような気がするのです。

それは何もしないというのではなく、何とか必死で一緒にして行くことなのかもしれないし、他に依存することなく、黙々と自分の志を遂行して行くことかもしれません。

私が犯した過ちは同じ目線に立てなかったこと。
同じ目線に立つということは、相手に合わせるということではなく、お互いを高めあうということではなかったのかと反省しているのです。

それはどこにあってもそうでないとダメな気がするのです。

私はいつしか自分の本来の目的よりも立場を優先して物事にあたろうとしていたのかと反省している次第です。

いや、言い訳がましいことを少しだけ言わせてもらえるなら、私は立場の上で物事にあたる姿勢にこそ真実があるとまで思ったことがありました。
立場とは役職です。

私個人は誰それよりも偉いわけでも人様に教えて本当にいいのかどうかまで分からぬ存在なのかもしれません。
ただ、教えるというのが私の立場でその立場(役職)で私はそれに責任を持って挑まなければならないと思っていました。

だからキツイことも時には言ったこともあったかもしれません。
何かをなすために責任を他に押し付けたこともあったかもしれません。

そうこうしながら、いつしか私は人を鍛える人になり、立場以上の存在になろうとしていたのかもしれません。

しかし、現実は何が生まれたと言うのでしょう。
便宜上伝わりやすいことはあったかもしれませんが、ものの本質は何ひとつ伝わらなかったのではないでしょうか?

それは私自身がその本質を見出せないでいたからに他ならないでしょう。
だから、私は私を仕切り直ししないといけないと本気で思うようになりました。

くも

身を守る | permalink | comments(0) | -

自分の目的

自分の目的

何度かブログに投稿しようと思いながらも、なかなかその思いがわきあがらないまま時間だけが過ぎて行きました。
その間、実は自分にとっても会にとっても大きな変化が訪れたようにも感じられました。

その変化をブログに書くにはまだ十分にはまとまってないだろうとは思いますが、その中から ひとつだけはっきりしていることを確認しました。

それは子供を育み守れる会にしたいということです。

それは周流発足当初からの願いであり、目的でもありました。

発足当初、私はこう考えていました。
それは子供を守るためには大人を変えていかないとダメだ。
大人が子供を作る。
大人が子供を傷つける。

そういう思いが強く、私は大人を対象とした会作りを始めました。

しかし、私がどれほどのことを成してきたのかと思うと、今更ながら疑問を感じてなりません。

確かに大人の中の子供には随分向かい合いました。
どんなに向かい合おうと、なかなか溶けることのない大人の中の子供を常に感じながら、いつの間にかただの大人として、上から目線をその大人の中の子供たちに向けていたのかなと最近大いに反省させられ、もう一度本気で自分を立て直さなくてはと思うようになりました。

くも

身を守る | permalink | comments(0) | -
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES