交流武術研究会 周流

周流についての情報は、交流武術研究会 周流 サイト http://shuryu.info/の「周流とは」「教室案内」をご覧頂ければと思います。それでは。 管理人 おのえ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 私の本気 | main | 頑張って >>

行をする

行をする

行という言葉があります。
周流でも冒頭に行について少し述べていますが、ここではそういうことに関係なく、行について思うところを書いてみようと思います。

行という言葉には様々な意味がありますが、その一つにサンスクリット語からくるサムスカーラというのがあります。
サムスカーラというのは潜在印象というふうに訳せばいいのでしょうか?

潜在印象と言ってもそれ自体がわかりにくいことですが、簡単に言えば意識化できないで自分の意識下に潜んでいる意識であり、自分そのものを自覚することなく動かしている自分の意識や行動の元になるものだと考えられます。

実は行をするという時の意味はその潜在意識下にあるそのものを意識の領域にまで持って行き、自分を無自覚に動かしているそのものを意識化させるということかもしれません。

なぜ無自覚に動くことはいけないのでしょうか?
それは、無自覚ゆえに変化しようがないからです。

ある人はことあるごとに悲観的なものの見方をしたりします。
またある人は批判や攻撃性を対象に向かわせます。
またある人は自分には関係ないと横を向いたり、などなど、同じ事柄でも人によってものの捉え方が違い、またその捉え方がベースになり、心身のあり方や物事の推移までが変わっていきます。

仏教ではそういう心の働きを死滅させるための行を重ねますが、それは大変理にかなった方法なのかもしれません。

ただ我々一般人でも誰でも出来る方法もあるようにも思います。
それは、日々の自分の心の働きを見つめることのようにも思います。

例えばある物事に対して自分はそれに対してどう感じているのか、どういう行動を取ってしまったのかということに集中し、自分の行動の癖やパターンを観て取るのです。

同じような行動パターンが読み取れたなら、それが自分の心の働きの元になっているものであることに気づくかもしれません。

そして、それがまたどこから来たのかとさらに深めて捉えることができるなら、その時自分を支配するサムスカーラは自分から少しずつ遠のくようにも思います。

くも


 
身を守る | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES