交流武術研究会 周流

周流についての情報は、交流武術研究会 周流 サイト http://shuryu.info/の「周流とは」「教室案内」をご覧頂ければと思います。それでは。 管理人 おのえ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 武術の練習について | main | 武術を学ぶこと >>

身を守る武術

今日はしもさんのコメントを受けて考えてみました。
たとえば格闘技をしているものは、実際に試合をすることで日ごろの練習の意義を高めていくものと思います。
いわゆる実践などというものでなくても、その練習は十分に説得力のあるものになります。

ところが武術となるとその概念は広がり、練習はその主催者の概念にゆだねられることになります。
それはそれでいいのですが、私にとっての武術とは生身の相手に打ち勝つということを前提にしています。
平たく言えば喧嘩に勝つ、試合に勝つ、目の前の相手に負けないということです。

そういう気概がなければ、その武術はただの踊りとも称されかねません。
また、しもさんの言うように怖さを感じなければ、その練習は実践の何に耐えうることでしょう。

技術そのものの習得には、怖さも忍耐も体力も必ずしも必要だとは思いません。
しかし、それでは本当に生きた技術が身に付くものであるのかどうか疑問に思います。

練習は緩やかでも柔らくても、それは実践に絶えうるためにするのであって、知的興味を高めるためのものではないのだと思います。

いえ、今まで周流はそういう傾向も少なからずあったのだと思います。
言い訳するなら、それはそれでまた周流のいいところでもありました。
なぜなら、老若男女隔てなく、戦いを前提としないで武術をしているという雰囲気を楽しめたし、また恐怖を感じることなく、体力を使うことなく体と心の接点を感じることが出来たからです。

でも、今私が思うものは、感じるだけでなくさらに体が機能していくことが出来たなら、武術の持つさらに深みを知ることに繋がるのだと思っています。

ただし、これだけは言いたいのです。
私はどんな人でもやろうと思えば必ず出来ると信じています。
出来ない人は出来ないことを信じているから出来ないと思っています。

本当にこれだけは確信を持って言いたいのです。

そして、もう一つ誤解を避けるために言いたいのですが、私はどんな人でも続けている限り必ず、自分の枠を自然に超えていけるものだと信じています。
いたずらに身を傷つけたり他人を傷つけることは、最もしてはいけないことだと思っています。
なぜなら、武術は「身を守る」ものだからです。

身を守る | permalink | comments(1) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント


「体と心の接点」とありますが、

私は本来の武術や特に周流の目的はそこだと思います。
前は感じる事は出来たでしょうけど、どうも、私自信はその辺自分で何もマスター出来なかったような気がします。

これからの恐怖感などが取り組んだ武術をよろしくお願いします。しかし、体と心の接点という大事なポイントもを教えて下さい。「だれでも出来る、誰でも枠を超えられる」という励みの言葉ありがとうございます。
しも | 2006/02/05 7:40 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
武術とは「身を守る」という特定の目的を備えた躰の動かし方、もしくは動かすための技術と捉えています。 人はそれぞれ、体格の差もございますし、女性と男性とでは、基本的な筋力も違いますし、子供の頃からの...
武術というもの | 思うこと、考えること | 2006/02/07 11:24 PM
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES